アンティカ トラットリア ダル ピラータ

春野菜のミネストラと天城軍鶏のポルペッテ アルわさび

新玉ねぎ、にんじん、セロリ、新じゃが、春キャベツ、そら豆、スナップエンドウなど、さまざまな野菜が入ったスープに、旨みの強い天城軍鶏のポルペッテ(つくね)を加えています。印象的なのは天城名産のわさびを溶き入れているところ。フレッシュな香りが食欲をそそる、ひと味違うミネストラです。自家製パンにもわさびを練り込んでいます。

○ 材料【4人分】

にんじん1/2本、新玉ねぎ1個、セロリ1/2本、新じゃが1個、春キャベツ1/4個、スナップエンドウ、そら豆、絹さや、グリーンアスパラガスなど緑色の春野菜 適量、生わさび1本、鶏挽肉200g、塩、こしょう、小麦粉、ナツメグ、オリーブオイル、ブイヨンスープ800cc

○ 作り方

  • 鶏挽肉に塩、こしょう、小麦粉、ナツメグをそれぞれ適量加えて、よく練る(鶏だんごのタネ)。
  • スナップエンドウ、そら豆、絹さや、グリーンアスパラなど緑色の春野菜を下ゆでして、緑色が鮮やかなうちに冷水で冷やした後、食べやすい大きさに切っておく。
  • 鍋にオリーブオイルを熱し、みじん切りにした新玉ねぎ、1cm角程度に切った、にんじんとセロリを炒める。
  • 3の野菜に火が通ったらブイヨンスープを加えて煮る。
  • 4が煮えたら1cm角程度の新じゃがを加える。
  • 新じゃがに火が通ったら一口大程度に切った春キャベツを加える。
  • 春キャベツに火が通ったら、1を一口大の鶏だんごにして加える。
  • 鶏だんごに火が通ったら火を止めて、2の春野菜を入れる。
  • すりおろした生わさび大さじ3~4を溶き入れる。

○ ここがポイント!

春以外の季節でも、その時期に手に入る野菜で代用できます。すりおろした生わさびは熱いスープに入れると辛みが飛ぶので辛くありません。辛みがほしいときは、器の縁にすりおろした生わさびを添えましょう。

○ お店紹介

アンティカ トラットリア ダル ピラータ

築150年の蔵を改造した席数12、テラス席を含めても全18席のトラットリア。近くの港から直接届けられる魚、河津や下田、稲取の野菜やフルーツ、天城の軍鶏やあまごといった伊豆の食材にこだわり、この地ならではのイタリア料理を提供している。ランチの最上位コースは¥3,800、ディナーは¥6,000と手頃だが、内容が料金を大きく上回り、評判を呼んでいる。

静岡県賀茂郡河津町谷津484 TEL.0558-34-1788

>> アンティカ トラットリア ダル ピラータ
このページのトップへ